20170906

Fuel Cell


モーターで動く車なんて乗らないとずっと思ってましたが、ふとしたきっかけで乗ってみたら、背中を蹴飛ばされる様な強烈な加速の虜になってしまってそのまま乗り換え.
無音で強烈な加速って事以外は何の魅力も無いわけですが、これはこれでアリなのかなと思ってます.

そうすると当然fuel cellが気になってくるわけで、今更ながらmiraiに乗ってみた.
水素ステーションがもっと増えてくればfuel cellも選択肢に入ってくるんだろうけど、現時点ではまだまだ足りてないわけで、この先どれだけ増えてくるのかという点が気になるわけです.
ちなみに沖縄だと先月稼働開始された宮古島の水素ステーションのみで、まだまだ内地以上に普及は程遠いなと...
水素ですが、1kg当たり¥1,100という単価でした.

fuel cellならではのH2Oボタン.
これを押すと、車体下部から水がチョロチョロ排出されるわけです.