20130430

The Fast and The Furious 6

The Fast and The Furious 6がもう少しで公開.
日本では“ワイルドスピード EURO MISSION”という酷い名前に変わって7/6から.

このThe Fast and The Furious、良かったのは1と2だけで、あとのは完全な駄作.
ストーリーも酷ければ、出てくる車の作りこみも荒過ぎて、見るに耐えない感じで.

今回はあの69のDodge Daytonaが出てくるけど、見るも無残な姿...
OGの美しさとはとはかけ離れたStyling....

他の車両も...

'69 Mustangは、よりによってAnvil Autoのあの個体に...

'69なら、BOSS429かCobra JetのMach1(428)、もしくはSuper Cobra Jet(428)でしょ.
とは言え、レア過ぎて、広大なアメリカと言えど、ほとんど見つかるはずも無いわけですが.
ちなみに上の画像が、幻のSuper Cobra Jet Mach1.

唯一Cudaにだけは本当にうるさい私ですが、'70 Cudaは“意外と”モディファイされてない様でとりあえず一安心.
けどCuda好きから言わせるとこれは...

あのJensenのInterceptorも、抜かりなくこの酷い有り様...
何というかどれもこれも、小学生がイジッた様な酷さで.

BenSopraのR35は流石の完成度. Wheelがちょっとあれですが.


映画なので、分かりやすい派手さも大事でしょうが、それにしたってちょっと酷過ぎるなと.
これにいつものあの薄っぺらいストーリー設定とくると....



20130426

XARP & Co.


XARP for MTK FUNKTION.


CDもう出てたのか....
急いで買わないと.

20130421

Disrespectful...


Niggaz Wit Fixed ......

20130420

Aventador LP720-4 50th Anniversary

Venenoが出たので、しばらくは何も動きが無いと思いきや、ここで50th Anniversaryの投入.
しかもLP720-4、ということで20hp up.
Aventador JっぽいFrontとRearの処理.

100unit限定ということで、即完売になるのは間違いないのでしょうが、何となく物足りない感も...
SVに期待でしょうか.

20130417

Throwback


Ghost Town DJ's - My Boo (1996)


20130415

TNT


SendaiのStreetじゃ知らない人はいないでしょ的なこの二人.
二人ともそれぞれのColorが出てるし、何よりStylish.


20130414

Throwback

Cash Money Click - Get Tha Fortune (1994)
この頃のJaは本当にキレキレだったっけ.
1994という事でJaはこの当時18歳.

20130412

World's Fastest Production Roadster...

Veyron 16.4 Grand Sport Vitesseが、Open-top production sports carsでの世界最高速度記録樹立(408.84 km/h)したことを記念して、VitesseのWorld Record Car Editionが.

Veyron SuperSportが樹立しギネスで認定されていた最高速度430.98 km/hという記録が、リミッター解除状態でのアタックだった事が判明し、正式にその記録が取り消されたばかりの最悪のタイミングで、悪あがきの様なこの記録.
しかもこの酷いカラーリング...

依然として世界最高クラスの素晴らしい車なのが確かなだけに、何とも残念な気分で.


20130409

Maserati

Leakした画像がOfficialだったという事で、1997以来となる新生Ghibliがお披露目.
今回のGhibliはEセグメント、ということでMercedes E-class, BMW 5 series, Audi A6そしてLexus GSなどに照準を.

Engineですが、とりあえずは3.0 V6のTurbochargedでガソリンとディーゼルの2種.
ガソリンは更に馬力違いで2種に分かれるようで.
Maseratiでは初となるディーゼルですが、これからのこのセグメントはディーゼルを持っていないと生き残れないのは確実.
Maseratiらしからぬ何とも賢明な選択に好感が持てます.

あと忘れてはならないのが、Quattroporteと同様にQ4の設定があるという点.
この性能で4WDというのは何よりもの安心感.

兄貴分のQuattroporteが去年デビューして、先週ジャパンプレミアが行なわれたばかりだというのに、Ghibliを出してしまうこの勢いが恐ろしくもありますが、この勢いだとあのSUVも期待出来そうな感じが.

Quattroporteを改めて見ると、当たり前ですがやはりこちらの方が美しく.
Engineは3.8 V8と3.0 V6.

まずは6月にQuattroporte GT S(V8)が1,690万円で発売開始.
その後、今秋にV6が追加.

あまりにも主張が強すぎてMercedesやBMWの様に誰でも似合う様な車ではないMaseratiですが、だからこそ憧れるのも事実.
Maserati伝統の“踏んで曲がる”という走り方も、誰でも出来る事ではないわけで.

もちろん、あの伝説のテストダライバーだったベルトッキへの憧れも.

20130407

3M

6日にリリースされたSupreme x North Faceの3M JKT.
実際に見ると、予想以上に微妙な感じでスルー.

という事でこれからの時期のJKTを、今季のJKTの残る16型から選ばないと...


Supreme London Skate Video.

20130406

BJ Baldwin

458cu.inで800bhp、それを3speedで.
何とFサスが26inch(66.04cm)トラベルで、Rサスが34inch(86.36cm)トラベル...


それにしても、このM3...

20130405

Pinarello

久々にPinerelloを見たら、あのMAATを日本でも発売するようで.
60HM1Kという事で、下位のXTRACKの46HM3Kや46HM12Kと比べると更に次元の違う硬さ.

日本での価格は未定ですが、USではStem一体型のBarもsetで$8500.
本国でMAATがGRAALと同じ価格という事を考えると、GRAALの国内価格である643,000yenというのが濃厚なのでしょうか.

Frameで643,000yenということなので、Wheelをお約束のiOとCometで組んでも150万には収まりそう.
LOOK 596 Trackの価格に比べると、随分と買いやすい.


と、ここまで書いといてあれですが、実際気になるのはDogma 65.1 Think 2の方だったりするわけで.

20130401

Cinelli

“Laser Viva”
去年に続き、今年も限定でリリースされるLaser.
今回のLaserは何とSteelではなくCarbon、ということでLaserというよりはLaser風なものとでも言いましょうか...
Laser NostraはSteelを使って、あのPesentiの工房で造られていただけに残念...


限定とは言え、Laser Nostraよりは数が多いわけだし、価格も Frame&Forkで56万7000円ということで随分と買いやすくなったようで.
ちなみに今回Track endは無し.

Anyway、

先週末BKLYNにて行なわれた2013のRed Hook Criterium.

WinnerはNeil Bezdek.
彼のFrameは2011のRed Hookで優勝した際の賞品.
そういえば、以前彼はLaserのプロトタイプでRaceに出てたっけ.

今年のWinnerに贈られる賞品のVigorelli.

Cinelliで開発中のCarbon Track frameも、Testを兼ねて参戦した様で.
このFrame、あれだけ路面の悪いNYでも安心して踏めるCarbonなら、ちょっと気になるかも.
TrackレベルのCarbon剛性だとStreetですぐに脚が売り切れる、しかし今のロードのレベルでの剛性だとNYのStreetで不安.
どのバランスで市販するのか.