20130430

The Fast and The Furious 6

The Fast and The Furious 6がもう少しで公開.
日本では“ワイルドスピード EURO MISSION”という酷い名前に変わって7/6から.

このThe Fast and The Furious、良かったのは1と2だけで、あとのは完全な駄作.
ストーリーも酷ければ、出てくる車の作りこみも荒過ぎて、見るに耐えない感じで.

今回はあの69のDodge Daytonaが出てくるけど、見るも無残な姿...
OGの美しさとはとはかけ離れたStyling....

他の車両も...

'69 Mustangは、よりによってAnvil Autoのあの個体に...

'69なら、BOSS429かCobra JetのMach1(428)、もしくはSuper Cobra Jet(428)でしょ.
とは言え、レア過ぎて、広大なアメリカと言えど、ほとんど見つかるはずも無いわけですが.
ちなみに上の画像が、幻のSuper Cobra Jet Mach1.

唯一Cudaにだけは本当にうるさい私ですが、'70 Cudaは“意外と”モディファイされてない様でとりあえず一安心.
けどCuda好きから言わせるとこれは...

あのJensenのInterceptorも、抜かりなくこの酷い有り様...
何というかどれもこれも、小学生がイジッた様な酷さで.

BenSopraのR35は流石の完成度. Wheelがちょっとあれですが.


映画なので、分かりやすい派手さも大事でしょうが、それにしたってちょっと酷過ぎるなと.
これにいつものあの薄っぺらいストーリー設定とくると....