20111013

The Central Park

Brooklyn Machine Worksの定番と言えばPark Bikeなわけですが、その元となったのがBrooklynの原点であるこの“The Central Park”.
当時Central Parkで盛んになっていたTrialのためにJoeが作ったものですが、何といってもFrontが26,でRearが24というのが今見ても新鮮.
これはJoeが最初に乗ったMTBであるCannondale SM800の影響らしく.

それにしてもThe Central Parkの細部に渡るこのHandmade感がたまらなく.
この個体が正しく初めてJoeが作ったBrooklyn Machine Worksそのもの.

しかもこのFrameのPaintを手掛けたのが何とあのVincent Gallo.
ただでさえ憧れている方なのに、まさかその方がBrooklynに関わっていたなんて、最近知ったのですが本当に驚きで.
今ではかなりくたびれているPaintですが、当時は綺麗なGrow in the DarkのWhiteだったそう.

そしてBrooklyn Machine WorksのLogoは何とVincent Galloの手書き.
手に入れられることなら絶対手に入れたいこのThe Central Parkですが、この個体はVincent Gallo本人が所有する物.
いつかこの目で見てみたい.