20090930

T19

遂に発売の決まったCarnivalのFrame。フォルムは悪くないのですが、このカラーリングが少々苦手かも...
Framesetで126,000yen、Completeで189,000yenという価格。
ここSendaiで乗る方はいるのでしょうか。
12月の発売だそう。
ちなみに、先行予約は9/25に締め切られています。

そして、T19のTrackBikeも発売。
こちらはCompleteのみの発売で、ラグ有りのモデル“Jammer”が130,000yenそして、ラグ無しのモデル“Stone Fish”が80,000yenの予定。
発売は来年の3月だそう。


今さらですが、T19のKalavinkaが欲しくなってきました。

20090926

Finally...

Mash Frameですが、木曜に到着。
早速組み、この週末はセッティング出しをしながら乗り込み。
常に“走る”ことのみを考えさせるジオメトリー。
兄弟であるVigorelliとこんなにも性格が違うものかと驚きました。

そんなMash×Cinelliですが、先日のInterbikeのCinelliブースに2010モデルで追加される新色が。
何とGreen。
以前のGrey×Silverとは全く違う印象。
これはこれでありかも。
私ならPartsは全てBlackにしますが。

そして、あのGarrettのMash×Cinelli。
Frame後半は通常だとSilverなのですが、GarrettのものはRedに。
あのVigorelliといいこのMash×Cinelliといい、なかなかのセンスかと。

20090910

2010

先日(Sep 9)は、
車では、あのSLS AMG. そしてこちらも期待されていたMcLaren MP4-12C.
カメラではLeicaのM9とX1.
など、話題の物が発表されました。

そんな最近ですが、Fixedの世界でも各ブランドが2010モデルを出してきました。

早速結構な話題になっているのが、Bianchiの名フレームであるPista Conceptの復活。
今回は“Super Pista”という名前になりますが、フォルムを見るとPista Conceptと同じだと思われます。 これは間違いなく売れるかと。
カラーもMurdered Out、つまりMatte Blackに。
価格も$749.00。
この価格でこの性能、それでいてカッコイイ。これこそがPista Conceptがあれだけ売れた理由かと。
ここ日本でも、Mash×Cinelli同様に輸入して乗る方が多くなってくるかと思われます。

そして2010のCinelli。

引き続き、プッシュしていくのはMash×Cinelliですが、
それ以外にも

今期一番の目玉と思われる“Gazzetta”。
CinelliがMessengerとStreetを走るライダー向けに作ったFrame。
気になるカラーは、Grey, Purple, Green, Yellowの4色展開。
流行りのGreyを持ってくる辺り、流石イタリアのブランドかと。
SampleにあったRedとBlueはDropしてしまったのでしょうか。

その他は、
Newカラーの2010Vigorelli。
2009に引き続いての“SuperCorsa Pista”。
このSuperCorsa Pista、2010モデルのカラーは何とJaguar Greenの一色のみになってしまいました。
そして、右下に小さく紹介されているのが、2010に新しく出る“Super Pista”。
Frame自体はSuperCorsa Pistaと同じだと思われますが、SuperCorsa Pistaではラグがメッキ加工されているのに対し、Super PistaではFrameと同色にPaintされているのが違いでしょうか。
ラグが目立たない分シンプルでこちらはこちらでいい感じ。

そして、Bootlegシリーズの“Mystic Rats”はカラーがBianca(White)に。
Parts類は特に変わりないかと。
それにしても、VigorelliのForkってParts単体で出ていたんですね。
しかしなぜか2009カラー...